尾道ロハス紀行

http://onomichi-lohas.com/

米山寺に行ってみた 


【米山寺に行ってみた】 2017/12/22

以前から行きたかった米山寺です。

仁平3年(1153)に天台宗の寺として建てられた寺院で、嘉禎元年(1235)小早川茂平が念仏堂を建立して氏寺としました。
以来、小早川家の菩提寺で初代実平から17代隆景までの宝篋印塔(国の重要文化財指定)20基の墓が整然と並んでいます。

また寺の宝庫には絹本著色小早川隆景像(国の重要文化財)があります。
この隆景像は文禄3年(1594)京都大徳寺の塔頭、黄梅院の玉仲禅師が寿像(生きているうちに書いた人の像)に賛をした、
衣冠束帯の像で、威風堂々としたものです。

宝篋印塔の中で一番大きい高さ2.5mの供養塔は、大工念心の作で国の重要文化財に、
また小早川隆景の墓も、県の史跡に指定されています。
全国的にこれほど保存がよく整然と2列に並んだ宝篋印塔は他に例を見ない重要な文化遺産です。

三原観光naviより転載

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://onomichi-lohas.com/tb.php/1113-525053e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)